はんだ付けアートコンテスト2013

はんだ付けアートコンテスト 2013 結果発表!


はんだ付けアート”コンテスト優勝作品(2013年度)

≪優勝は龍谷大学の学生さん≫

ハンダゴテとはんだを使って製作するメタリックで精巧なアート作品が
全国から寄せられ、第1回の優秀作品が投票で選ばれました。

最優秀作品賞 山本滉平氏「ゆりの花」  
龍谷大学理工学部電子情報学科1回生 
サークル(Skill Up Communication)に所属





喜びの声:私ははんだで作業をするようになってから3ヵ月ほどしか経っておらず、
     いい作品ができるかどうか非常に不安でした。
     特に花びらの質感を表現するのが難しく、それを1枚ずつ組み合わせ、
     なんとか花を完成させることができました。よい経験になりました。

最優秀作品賞  松田 淳史氏「カマキリ」
龍谷大学理工学部電子情報学科1回生 
サークル(Skill Up Communication)に所属





喜びの声:平面(絵)は、ずっとやってきましたが、立体は初めて。
     当初の予定では、東京タワーを製作するつもりでしたが、骨組みを
     作るのが想像以上に難しく挫折してしまい、カマキリの製作へと
     変更しました。なぜカマキリにしたのかというと、道端や木にいるのを
     よく見かけ、頭の中に印象が残っていたからです。
     はんだで本格的に作業をするようになったのがごく最近で、技術も知識も
     ほとんどない状態からの作品制作だったので、とても難しく、何度も
     失敗してはやり直しの繰り返しでした。
     カマキリ製作のなかで難しかった点といえば、足や鎌、顔などの細かい
     部分の作業です。特に鎌の製作は、カマキリがカマキリであるための
     大切な部分でしたので、気合を入れて作業しました。

3位 株式会社 モバテック 三浦 忍氏(女性)「龍」


「今回の入賞、たいへん嬉しく思います。
私はよく絵を描くのですが、 平面で色彩のある絵とは全く違う立体作品の難しさと、 なかなか思う通りの形にはならない半田付けに、 毎回悪戦苦闘しております。
今後も良い仕事・良い作品作りのために、 半田付けの技術を磨く努力を日々重ねていきたいです。
今回は本当にありがとうございました。」



今回の募集は、日本はんだ付け協会が専用に用意したホームページに写真を投稿する形で実施致しました。
24作品が応募され、 審査は、ホームページ上での公開投票で実施しました。

授与されたはんだ付け協会オリジナル楯


はんだ付けアーティストの
作品や、はんだ付けアート
作成キットの購入はこちら


はんだ付けを学ぶなら


WEBはんだ付け講座です。


DVDはんだ付け講座です。


書籍版はんだ付け講座です

はんだ付け検定


はんだ付け検定で腕試し!


推奨ハンダコテセット


特選ハンダコテセットです


はんだ付けアート展示室

はんだ付けアート展示室

はんだ付けアートコンテスト

はんだ付けアートFacebookページ
2016年 開催決定!

Facebookページ


Facebookページへ
いいね!してね!

はんだ付けアーティスト

はんだ付けアーティスト

はんだ付けアーティスト
山田.Z.裕之

Copyright© 2013 はんだ付けアートの世界 All Rights Reserved.